明るさを感知して自動で光る!自転車ライト

1197

自転車の事故率が上がっている事は、皆さんもご存じのとおりです。特に夜間の自転車は危険ですね。車を運転していて、突然の自転車の飛び出しにヒヤっとした経験は誰もがあるのではないでしょうか。事故を防ぐためには車側も気をつけなければいけませんが、自転車側も気をつけなければなりません。自転車には免許制度がありませんから、中には車の事を考えずに無茶苦茶する方もいらっしゃいます。

自転車事故を防ぐライトも数多く登場しています。個人的には自転車にライトをつけるのは、今や常識だと思います。フロントのライトとテールライトを付けておけば、事故遭遇率は激減するはずです。「SeeSense Bike Light (シーセンスバイクライト)」はサドルにつけて使用するテールライトです。そんなものは、今や珍しくもありません。SeeSense Bike Lightが他と違うのは、明るさを感知するセンサーが付いているという事。暗くなると自動的に点灯を始め、明るくなると消灯します。トンネルに入れば点灯し、トンネルを出ると消灯するというわけです。

さらに速度にも反応し、自転車を止めると消灯し、加速を始めると点灯する機能も持っています。万能自転車ライトSeeSense Bike Lightがあれば、事故は無くなります。早めの導入をお願いします。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ