新幹線の“あの”音楽で軽やかなお目覚めを!

2713

東海道新幹線「のぞみ号」が開業したのは1992年の事でした。のぞみの登場により東京~新大阪間は約2時間30分で結ばれる事になりました。

便利なのぞみ号ですが、私の友人は「怖いから乗りたくない」と話します。というのも、新大阪から名古屋に帰る途中寝てしまい、浜松付近で気がついたそうで、車掌さんに「何とかしてください!」とゴネたもののどうにもならなかったのだそう。友人を乗せたのぞみはその後一時間近く走り続け新横浜へと到着し、追加料金と宿泊代を取られる事と相成りました。その事件以降、友人はのぞみで流れる駅の到着音楽を聴くと必ず目を覚ますようになりました。

そんな友人のためではありませんが、新幹線の音楽で目を覚ますことのできる「新幹線メロディ目覚まし時計」が販売されています。駅に到着する際の「AMBITIOUS JAPAN!」と「良い日旅だち」の音楽と、東京駅、品川駅、新大阪駅それぞれの車内アナウンスが収録されています。時計に描かれているのは最新ののぞみ「N700系」です。

鉄道ファンはもちろんの事、寝ていられない!と言う意識を植え付ける事にもぴったりな新幹線メロディ目覚まし時計。軽やかな目覚めに出発進行!

この記事をシェア
0 0
記事のタグ