今すぐレバー、アサリ、小松菜を食べてーーー!!!鉄分が必要な時に体が発する10のサイン

1942
未定 詳細なし

ビタミンと違い鉄分は見落とされがちですが、実は私たちが日々健康な生活を送るうえでとっても大切な栄養素が鉄分です。

今回は鉄分不足からくる10の症状をご紹介します。体にいつもと違うサインが現れたな、と思ったら一度鉄分不足を疑ってみてください。鉄分不足だということを早めに判断できれば、すぐに鉄分を補うことで症状を改善できます。そして今後の鉄分不足の防止にもつながりますね。

鉄分不足時に体が発するサイン

1. ひどくぶつけたわけでもないのに、体中にあざができやすいみたい

2. ブラッシングが恐怖!抜け毛が確実に多くなった!

3. 仕事に支障をきたすほど集中力が低下した

4. 息苦しさを感じることがある

5. 体のだるさや疲れがなかなかとれない

6. 爪の色が悪くなったり、二枚爪になってしまった

7. 運動していないのに筋肉痛が・・・

8. 生理中の腹部の痛みや重みなどの症状が悪化した

9. 顔の血色が悪く化粧のノリもいまいちで、気になる同僚がいる職場に行くのがツラい

10. 仕事、プライベート、趣味、彼女・・・何に対しても誰に対しても興味を持てなくなった

いくつか当てはまる人は今すぐ要鉄分補給です。特に9と10は異性が絡んでくるので切実な問題ですよね!

gigamen_Signs_not_getting_enough_iron01

まずは毎日の食事に鉄分を含んだ食材を豊富に取り入れるようにしましょう。

動物性の食品には多くの鉄分が含まれているので要チェックです。鉄分を多く含むことで知られているのはレバーやアサリ。野菜類では小松菜やひじきが鉄分たっぷり。

日本人はレバー以外はこれらの素材をよく口にするので抵抗ないですね。レバーが苦手な人も赤身の肉をすすんで食べるようにすると鉄分不足に悩まされることはありません。

仕事の関係で外食が多い人、忙しい人にはやっぱりサプリメント。多くの鉄分サプリメント製品が販売されているのでサプリメントの専門店を訪れてスタッフに症状を説明して自分にぴったりのサプリメントを教えてもらうといいですね。

特に現代の働く女性は生理痛や血色が悪いといった症状は悩めるところ。上記の食材やサプリメントを日々の生活に取り入れて、鉄分不足の悩みを解決しましょう!

裏を返せば、鉄分を補うことでこれら10の悩み知らず、ということですよね。鉄分、あなどれません!今日からビタミンなどの栄養素と一緒に鉄分補給もお忘れなく。

ちなみにビタミンCを一緒にとると鉄分は吸収されやすいそうです。また、鉄の吸収を妨げる働きをもつ成分がほうれん草のアクに含まれているので、ほうれん草の調理の際にはアク抜きをしっかりするよう心がけて、美味しく正しく鉄分を補給しましょう。

gigamen_Signs_not_getting_enough_iron02

参照元:RM Healthy

この記事をシェア
0 0
記事のタグ