なぜあなたは嫉妬されやすいのか 6つの可能性

1582
未定 詳細なし

仕事に家庭にと、人生上手く行き始めた時に現れるのが周りの「嫉妬」。あなたの成功を妬む人たちは、何を思ってあなたを嫌っているのだろうか?最近周りにクレーマーや難癖を付ける人が増えてつ辛いなと感じたら、これらが自分に当てはまらないか考えて嫉妬者らの心理を分析してみよう。

1. 人と少し違った考え方ができる

問題に直面した時に、なぜかいつも人をアッと言わせるクリエイティブな発想で解決ができる人は嫉妬されやすい。あなたのクリエイティブなアイデアを「奇抜で危険な考え」とネガティブに取る人もいる。

2. 面白そうな人生を送っている

特に興味深い職種の人。自分としてはそこまでたどり着くのには落胆も苦労もあったと言いたいところだろうが、嫉妬者には現在のあなたの人生が羨ましくてしょうがない。それは彼ら自身が成功者であってもだ。

3. 大胆な行動ができる

大胆な行動の後には大失敗がつきものだが、それを恐れず行動のできる人は嫉妬される。特に日本人は慎重に物事を考えてから行動をする人が多いので、大胆な行動をする人は正当な理由も無しに嫌われることがある。

4. 人に好かれるタイプである

人当たりの良い人気者タイプを、いつも陰険な目で見る人がいる。そんなあなたを攻撃することで注目を浴びようとする人もおり、それは映画や本の批評と同じ。

5. 苦行を成し遂げて成功を勝ち取った

他の人には絶対できないようなことを成し遂げて、今のステータスにいる人。さらには打たれ強い人。不可能を可能にした、そんな超人的なあなたの能力が羨ましくてしょうがなくて、その気持ちがムクムクと憎悪に変わる。

6. 絶対曲げない強い考えを持っている

例えば絶対かばえる味方がいるような人や、強い思考を持つ人は周りからの嫉妬を得やすい。そんなヘラヘラせずにしっかりとした人を見ると「なんだアイツ?」と意味もなくそれを嫌う人も。強い考えを持てるということは、人間として十分に成熟している証拠。

これらはあなたが持つ誇るべき性質なので、自分を変える必要はまったく無し。彼らの目には、あなたが成長者として映っているのだ。嫉妬心が肌で感じられるポイントにまで達すると毎日が辛くなってしまいそうだが、自信を持って「可哀想な人たちだな」くらいに思えるようにしたい。

参照元:Lifehack

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ