竹からiPadケースをつくってみました。

1525

大事なiPadを壊してしまうかもしれない…そんな心配とさらば。「竹のiPadケース(BAMBOO IPAD CASE)」がシルバ・リミテッド(Silva Limited)から発売中だ。第2・3世代のiPadに対応しているケースの価格は$129.99となっている。

素材は竹100%。ケースが完成するまでの流れはすべて手作業だ。iPadをしっかり保護してくれるだけに留まらず、シンプルでナチュラルなデザインは持ち主へ注目を集めるに違いない。取っ手も職人の手が込んでおり、持ちやすいように設計されている。

gigamen_BAMBOO_IPAD_CASE01

つやのある光沢は手作業だからこそ出来たのだろう(取っ手がないヴァージョンもある)。また内部にスリープマグネットを装備しているので、iPadの充電を長持ちさせることも。スリープ状態にしたかどうかを心配しなくてよくなる。

いったいどんな匂いがするのか。どんな手触りなのか。竹のiPadケースはそうした興味を掻き立てられる。職人のこだわりを感じるケースはシルバ・リミテッドのオフィシャルサイトから購入可能だ。

gigamen_BAMBOO_IPAD_CASE02

この記事をシェア
0 0
記事のタグ