【動画】家を売ってでも買う価値がある「ポルシェ」らしいけど、売る家がなければ買えないのだ。

5033

人気MC「ジェイ・レノ」が、ポルシェのレストア専門ガレージを訪れた模様を伝えている「Jay Leno‘s Garage」という米国のクルマ番組。英国BBCの「トップ・ギア」の「ジェレミー」ほどふざけてはいないのでご安心を。訪れたのは「Singer Vehicle Design社」。今回紹介しているクルマは、1960年代に誕生した初代「ポルシェ911」をモチーフとしたデザインが特徴的な「シンガー911(Singer 911)」。

89~93年に生産された964型をベースにしている他、カーボンファイバーのボディパネルを採用している。フロント部分はキルト加工のレザーを施した燃料タンクとカスタムメイドのラゲッジセットが収まっている。またパワートレインには、最高出力350hpを発揮するコスワース社製の3.8リッターエンジンを搭載している。だから、単なる旧車のレストアモデルではなく、見かけは「ポルシェ911」でも中身は別物というわけだ。十分使用出来るし、パフォーマンスも新型車に負けないだけのスペックを誇っている。

本ビデオ映像では、「ジェイ・レノ」がシンガー911をテストドライブ。よほど気に入ったらしくその後の感想では、「家を売ってでも買ったほうが良い。」とまで言うほど絶賛している。彼が「シンガー911」を購入したという情報は、今のところ確認されていないが。

ジェイ・レノ 1,950年ニューヨーク生まれ。人気トークショー「ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジェイ・レノ」の人気MCとして有名な、司会者、コメディアン、俳優、声優。その資産は膨大で、長者番付にランクインするほど。(日本でいうところのみのもんた?)カーマニアとしても知られており、歴代の名車をコレクションしている。この「ジェイ・レノズ・ガレージ」は、彼の趣味で制作された番組である。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ