引き離された”姉妹”を描いた短編ドラマ、再生回数310万超え【動画有】

572

YouTube集客をスタートするためのやり方をプレゼント中!!

最高の人生を送るためのヒントをYouTubeで紹介する米国のDhar Mann STUDIOSは10月、実話を基にした短編ドラマ「Sisters Get Separated In Adoption, Ending Is Shocking」を公開しました。日本語に訳すと「姉妹は養子縁組で引き離された、結末は衝撃的」。

心でつながっている姉妹が離れ離れになる理由は…

「Sisters Get Separated In Adoption, Ending Is Shocking」は全編英語ですが、字幕付きで、英語が苦手な人の頭にもスッと入る構成になっています。物語の主人公は姉妹同然の二人、アドリアーナとベラ。人形遊びをしながら、アドリアーナはベラにこう語りかけました。「Sisters always stick together(=姉妹はいつも心でつながっているからね)」と。

アドリアーナとベラが絆を確かめ合った直後、養子斡旋会社の担当者がベラに新しい母親を紹介しにやってきました。ベラは喜びましたが、養母が彼女だけを養子にすると分かった瞬間、“姉”と引き離されることを嫌がります。養母の条件は「より若い子供」。年長のアドリアーナは涙声で「何が起きても私たちはいつも姉妹だよ、OK?」と言い、“妹”は頷いて去っていきました。

「願いが3つ叶うなら、何を願う?」という質問に…

傷心のアドリアーナは養子斡旋会社の担当者に尋ねます。「誰も私を養子にしたがらないのはどういうこと?」と。担当者は「いつかあなたにも家族が見つかるわ」と慰めました。アドリアーナは長い間、親がいない子を養育する施設の中で過ごし、誰かが養子にしてくれるという希望を持ちながら過ごしてきました。しかし他の子よりも年齢が上だった彼女はいつも選ばれませんでした。

それからある日、アドリアーナは養子縁組に関する記事を書く記者の取材を受けることに。記者に「何歳かな?」と聞かれ、アドリアーナは「13歳」と答えます。続けて記者が「願いが3つ叶うなら、何を願うかな?」と尋ねると、彼女は…。続きが気になる人は10月下旬時点で310万回以上再生されている動画(youtube.com/watch?v=V_L5T2YU56I)を見てみてください。

参照元:YouTube

この記事をシェア
0 0

YouTube集客をスタートするためのやり方をプレゼント中!!

記事のタグ