次世代は自転車がバッテリー充電器に

1256

スマートフォンの使用者増加に伴い、スマートフォンの充電器を常備している人も増えてきている。

ガラケーよりもバッテリー消費が早いというのが大きな背景だというのは言うまでもない。

初期のスマートフォンよりも最新のスマートフォンのほうが持ちは長い方ではあるが、まだまだ大きな改善がみられていないと感じるのは私だけではないはずだ。

ポータブル充電器も多種多様になってきており、Android,iOS端末の両方を充電できるものや、4回分の充電ができるような大容量のものも登場してきているくらいだ。

それだけ、スマートフォンがある生活がスタンダートになっているということでもあるし、それだけスマートフォンに頼った生活になってきている。

基本的にはコンセントやUSB経由で充電するタイプがほとんどではあるが、今回その常識を覆すアイデア溢れるポータブル充電器が登場した。

その名もATOM。

SIVA CYCLEより発売。

自転車に乗りながら充電!!

このATOM、最大の特徴はなんと、自転車のタイヤに取り付けて充電をすることができるということ。

自転車を日頃より使う方にとっては朗報極まりない。

容量は1650mAhと、大容量と呼べるほどではないにしても充電器の可能性を大きく広げることになるのは間違いない。

自転車本体USBアダプタを取り付け、自転車を漕ぐとリアホイールにつけたデバイスに給電される方式だ。

もちろん、通常のUSBからの充電も可能である。価格は129.9ドルだ。

サイクリングとITの融合の今後に更に胸が高まる。

参照元:uncrate

この記事をシェア
0 0
記事のタグ