科学的に検証したより良い腹筋にする方法(前編)

1914
未定 詳細なし

腹筋を割るということは簡単ではありません。

まず,一日5分の腹筋トレーニングで割れた腹筋を手に入れるという類いはほぼ不可能に近いです。5分で腹筋が割れるなら全てのメタボの人の腹筋が割れていることでしょう。では、逆に1日に何時間も腹筋トレーニングをして毎日すれば腹筋は割れるのか。それも答えはNoです。まず、毎日何時間も腹筋をするという精神力を持ち合わせている人はほとんどいないでしょう。そして、筋肉というものは鍛えただけ大きくなるかというのも答えはNOです。筋肉は筋肉繊維を筋力トレーニングによって破壊し、それを修復することにとって強く、大きくなるため、必ず修復するための休息が必要となります。

そもそもなぜ筋肉をつけるために筋トレをするのか。それは今まで10kgまでしか持ち上げられなかった筋肉を筋力トレーニングによって11kg持ち上げるためにはさらに1kgを持ち上げるための筋肉をつける必要があります。筋肉は無理に今持っている力以上の力を出そうとすると筋繊維が壊れます。そして体はこの筋繊維を修復しようと働き、より強い耐性を持つために筋肉はより太く、強くなろうとします。

ということは休息を取らないとどうなると思いますか??

もし休息を取らなければ、筋繊維が壊れる一方で、修復できないので、故障の原因になったり、筋肉をつけようと思ってもつくことは難しくなります。

こういうことを踏まえて、次回「科学的に検証したより良い腹筋にする方法(後編)」にて具体的に説明していきたいと思います。

参照元:Men’s Health

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ