究極の犬用おやつ?松阪牛専門店がプロデュース

2003
未定 詳細なし

牛肉界のキングといえば松阪牛だ。数あるブランド牛の中でもその知名度は抜群。もちろん品質もナンバーワンであることは疑いようがない。同時にお値段も目の玉が飛び出すような価格なのは言うまでもないが、なんとその松阪牛の肉を使った用のおやつがあるのをご存知だろうか。

最高品質の犬用おやつ「スロードッグ」

余計な添加物を一切使わず、松阪牛の肉や骨粉をたっぷり練り込んで焼き上げられた犬用おやつ「スロードッグ」。プロデュースしているのはペット用品メーカーではなく、年間100頭近くの松阪牛を一頭丸々買い付けている松阪牛専門店だ。

松阪牛は品質だけでなく生産者や生産地、飼育状況までもが全て明らかとなっている。つまり味だけでなく安全性についても非常にハイクオリティなのだ。愛犬のことを想う飼い主の気持ちに立ってみれば80グラムのクッキー1袋が約1300円というのもあながち高過ぎるとは言い切れないだろう。

gigamen_Slow_Dog_Food01

ペット関連市場の未来は明るい?

ペット市場は今後も規模拡大が見込まれている。仕事を離れ自分の時間を持て余すようになった団塊世代がペット飼い始めるケースが増えている他、子育て世代からも子供の情操教育に役立つとして、生き物を飼うということが注目されているからだ。

子育てに対してお金をよりたくさんのお金を掛ける親が増えているように、ペットに対してもお金に糸目はつけないという人は多い。ペットフードの他にもペット用保険やペット葬儀など、動物関連市場は今後も成長し続けることだろう。

犬1頭を一生涯育てるために掛かるお金は小型犬でも400万円程度と言われている。犬の価値が高まっているのか人間の価値が下がっているのか…金額だけを見て一概には言えないが不思議な気分になってくる。ちなみに筆者は松阪牛を食べた経験は…まだ一度もない。

参照元:Peppy

この記事をシェア
0 0
記事のタグ