汗をかいて臭くなりやすい服、なりにくい服

6692
未定 詳細なし

汗をたくさんかけば、服が臭くなって当然だ。だが、臭くなる程度は服によって違う。正確に言うと、服の素材によって違う。では、どんな素材の服が臭くなりやすいのか、あるいはなりにくいのか?

綿100%は臭くなりにくい

ズバリ言うと、綿100%の服は臭くなりにくい。これに対して、化学繊維100%のものは臭くなりやすい。綿と化学繊維が混紡されたものはその中間だ。

化学繊維には小球菌が繁殖しやすい

化学繊維には、ミクロコッカスと呼ばれる小球菌が繁殖しやすい。このミクロコッカスは、汗に含まれるホルモンやアミノ酸を分解して、臭いの元になる物質を作り出す。だからポリエステルなどが入ったTシャツは、酸っぱいような、カビ臭いような、時には目を刺すような強烈な臭いになりやすいのだ。

特に運動時には、綿素材がお勧め

綿素材のものにも、もちろん菌は繁殖する。だが、その中に、ミクロコッカスほど強烈な臭いを生む菌はいない。だから、綿でも臭くはなるが、それほどではないのだ。だから、特に運動をする時には、綿100%のウエアをお勧めしたい。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ