超スリムなスピーカーシステムが、サラウンド効果でテレビの音をジューシーにする

1733

サムスン電子に次ぐ韓国の大手メーカー、LGエレクトロニクスが開発した、スリムでかっこいいテレビ用スピーカーが「SoundPlate (サウンドプレート) LAP340」だ。厚さ35mmというスリムさ。テレビの下にお洒落に収まってしまう。ところが、それが生み出す音響はリッチ。テレビに内蔵されたスピーカーとは一段違うサウンドを味わいたい方に、おすすめだ。

SoundPlate LAP340の音が良いのには理由がある。まず、スピーカーに使われている磁石が特別であること。レアアースの1種であるネオジムから作られた磁石が使われている。ネオジム磁石は、最も強力な磁石とされている。普通のスピーカーには使われていないのだ。

理由の2つ目は、4.1ch・サラウンドシステムが採用されていること。モノラルは1ch、ステレオは2ch……このサラウンドシステムには4ch+重低音専用の1c(0.1chと表記される)が使われている。だから、映画館並みの臨場感が楽しめるわけだ。

これだけ薄いと、「低音は大丈夫なの?」と誰でも思うだろう。ところが心配無用。見た目にはわからないが、底面に2つの大きなサブウーファー(低音専用のスピーカー)が内蔵されていて、その重低音が、両側面の穴から出てくるようになっている。外見とは裏腹の実力を秘めたSoundPlate LAP340。君のテレビの下に、さりげなく置いてみてはどうだろう。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ