現代の王はメタリックな船に乗る

1298

現代の国王・女王が乗る船はまさにこれだ!長さ100mのメタリック船、デザインを手がけたのはスウェーデンGray Design社のEduard Gray。大胆なデザインと独創的な魅力で知られている企業で、今回の作品は「Sovereign Yacht」、国王のヨットという意味で「王や女王のために設計された最高のヨット、ここには最高のものだけが許容される」というなんとも贅沢な船だ。
最大30ノットの速度を出すことが可能なSovereign Yachtはさすが王や女王のためのヨットなだけあって、様々な機能や施設が搭載されている。開閉式カバーで日除けもばっちりなジャグジーは完全にプライベートな時間を過ごすことができ、船尾には強化ガラスのヘリコプターパッドの周りに水が循環し続けることができて、夜になると綺麗なイルミネーションが灯る大きなプールも付いている。
宿泊は所有者の他に10人のゲストが泊まれるスイートルーム、ナイトクラブ、映画館とジムに図書館まで付いている。その他にもたくさんの魅力が詰まったこのスーパーヨットSovereign Yacht。港にこれが泊まってたら皆どう思うだろう。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ