懐かしのスペースインベーダーが腕時計になった!

2440
¥1,732,000詳細ページ

タイトーが1979年に発売したアーケードゲーム、「スペースインベーダー」。インベーダーゲームを求めてゲームセンターに人が殺到し、パチンコ店に人がいなくなったと言わしめるほどの人気を博し、社会現象となりました。

スペースインベーター発売から33年後の現代、懐かしのスペースインベーダーが腕時計となって蘇りました。時計の本場スイスの時計メーカー、Romain Jerome社がユニークな「スペースインベーダー時計」として復活させたのです。

使用しているステンレスは、月面着陸に成功したあのアポロ11号のカプセルの破片を使用しています。スペースインベーダーとアポロ11号の因果関係は良くわかりませんが、月面に着陸した人間は月面の生物からすると「侵略者」と言う事なのかもしれません。案外何も考えていないのかもしれませんが、とにかくアポロ11号のカプセルの破片は貴重な物。その破片を一本一本手作りで仕上げ、総生産数は156本となっています。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ