水の弾丸をぶっ放せ! ディスプレイ付きのクールな水鉄砲が登場

954
115ユーロ(約1万4600円)~詳細ページ

これが新世代の水鉄砲。ドイツのスタートアップ(新興企業)が開発した『スパイラ・ワン(Spyra One)』の大量生産を目指すプロジェクトが7月、ネットユーザーからアイデア実現のための出資を募るクラウドファンディングサイト、米キックスターター(Kickstarter)で立ち上がりました。

水の補充は手間がかからない。

大きさは63×18×9cm、重さは2.4kg(タンク満タン時)。『スパイラ・ワン』は大人のための水鉄砲で、ノズルから噴射される一発は強烈。「水の弾丸」と表現するのがふさわしい威力です。しかもターゲットから7.5m離れた位置からでも正確に当てることが可能。家の裏庭やバーベキュー場などで本格的な水合戦を楽しめます。

『スパイラ・ワン』を使うにはUSB-Cケーブルで充電する必要があります。その分、水の補充は手間がかかりません。タンクの水が切れたら、バケツや川の水面などに向かってノズルを浸し、タンク外側のボタンを押すだけ。後は内蔵ポンプが水の補充・加圧をしてくれます。25発撃てる1回の補充にかかる時間は14秒。タンクが空になっても、すぐに水合戦に戻れます。

フル充電で1125発も撃てる。

大人のための水鉄砲の特長はまだあります。上面にデジタルディスプレイが内蔵されているので、あと何発打てるかが一目で分かります。フル充電しておけば、水を45回補充でき、「水の弾丸」を1125発も撃てます。

『スパイラ・ワン』の大量生産を目指すプロジェクトは公開からわずか25分で成立しました、調達額は8月下旬現在、37万ユーロ(約4700万円)に上ります。多くのユーザーが魅力を感じた水鉄砲は来年の夏に発送される予定です。

参照元:KICKSTARTER

この記事をシェア
0 0
記事のタグ