アウディ史上初!ディーゼルエンジン搭載車

3221

6月16日より開催される「ルマン24時間耐久レース」に参戦するアウディは15日、ルマンに先駆けてアウディ史上初のハイブリッドディーゼルエンジン搭載車「SQ5 TDI」の映像を公開しました。

SQ5 TDIの最大のウリは 新開発の排気量3.0L V型6気筒ターボディーゼルエンジン”Bi-TDI”です。最高出力313ps&最大トルク650Nmを発揮します。さらに8速ティプトロニックトランスミッション、トルクベクタリング付きフルタイム四輪駆動システム”quattro”を搭載し、最高速度250km/h、0-100km/h加速5.1秒、燃料消費量は7.2L/100kmと言うパワー溢れる走りを実現します。公開されたSQ5TDI のカラーは鮮やかなブルー。もちろんど真ん中にはお馴染4つの輪のエンブレムが入っています。

プロモーション動画を見るとディーゼルエンジン独特の爆音を響かせて軽快な走りを見せていることが判ります。

ディーゼルエンジンは環境に悪いイメージがありますが、ヨーロッパではガソリンエンジンよりもエコなシステムを持つエンジンとして見直されています。元々ガソリンエンジンとCo2排出量はほぼ変わりないというデータもあり、欧州ではシェアが右肩上がりの状況です。

ハイブリッドディーゼルエンジンを搭載したSQ5 TDIが世界の自動車エネルギーに革命を起こします。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ