16歳差ダッチバイパー対決!勝つのはどちらだ

2098

年の差16歳と言うとかなり大きな差である。会話をしていると「ジェネレーションギャップ」と言う物をビシビシと感じる事になる。しかしスポーツの世界では中日の47歳山本昌投手や引退した工藤公康投手が16歳以上年下の打者と対戦し打者を打ち取っている。ベテランは若者にない経験を持ち、若者は若さを武器にベテランに牙を向く。

車の世界でも「年の差対決」が実現した。「2013新型ダッジバイパー対1997ダッジバイパーGTS」の対決である。2013新型ダッジバイパーは8.4リッターV10エンジン、1997ダッジバイパーGTSは8.0V10エンジンを搭載し決戦に挑む。

最新テクノロジーを持つ若き新型ダッジバイパーが勝つか、経験に溢れた1997ダッジバイパーGTSが勝つか。2013新型ダッジバイパー対1997ダッジバイパーGTS の決戦の模様をご覧あれ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ