家庭菜園で安全で新鮮な野菜を!

2170
未定 詳細なし

皆さんは安全で新鮮な野菜が食べたいと思いませんか?自分で作った野菜の味は格別です。畑で作るもよし、プランターで作るもよし。春の陽気が感じられる季節。暖かくなりだした今、家庭菜園の植え付けの準備に入る絶好のチャンスです。

植え付け時期

野菜を上手に収穫まで育てるコツは、種まきの最適期を守ることです。植え時期を守らなかった場合、育成不良となり収穫までたどり着けず、時間の無駄になってしまいます。あなたの住んでいる気候に合わせて、最適な植え付けの時期に種を植えてください。

植える野菜を選ぶ

実際に植える際に、育て方が簡単な野菜や、収穫が多く期待できるからといって特定の野菜を選ぶのは間違いです。あなたのサラダの中身や食卓に良く登場する野菜を選ぶことです。

毎日ケールやほうれん草を食べる人はケールやほうれん草を中心にした葉野菜を植えると良いでしょう。あなた自身の食生活を基準に、植える野菜を選んでください。

gigamen_Start_Vegetable_Garden01

植える場所を選ぶ

すでに庭に菜園できるスペースを持っていない場合は、植える場所を選ぶ時に要注意が必要です。直射日光が一日約6-8時間あたる場所で、水はけが良い所を選んでください。

庭がなくても 団地のベランダで手軽に出来るし、次から次へと実がなる様子を間近に感じる事ができる家庭菜園。一番の利益は安全で新鮮な自分達が育てた野菜が食卓に並ぶとです。家庭菜園のプランを早く立て始めないといけないなという気持ちに駆り出されますね。

参照元:Men’s Journal

この記事をシェア
0 0
記事のタグ