海の底で大事に大事に熟成されたワイン SUBRINA

1295
¥10,000詳細ページ

通常ワインは樽に入れられ熟成される事は皆さんご存じのとおりです。その事に疑問を持つ者は誰も居なかったでしょう。その一方で、「沈没船の中に貯蔵されていたワインが美味しかった」と言う伝説が、まことしやかに囁かれていました。真偽を確かめるべく、コモンセンスの青樹英樹さんは海底でワインを熟成させて飲んでみようと考えたました。「ヴィーナス・プロジェクト」と題し、海に熟成させたワインを飲もう!そして事業化させよう!とプロジェクトを立ち上げます。

熟成させる海の選定や、海底で熟成させる事に向いたワインの原料の選定など様々な困難を乗り越え、伊豆町中木沖での熟成に成功します。4ヶ月海底で熟成させたワインの味は、柔らかみがあり、実にフルーティだったのです。海で熟成されたワインの美味しさは、伝説ではなく現実だったのです。このワインは「SUBRINA (サブリナ)」と名付けられ、市販化される運びとなりました。

海で熟成されたワインSUBRINAは、TBSテレビやラジオの文化放送で取り上げられ認知度も高まっています。海底で熟成したワインの味とは、どのようなものなのでしょうね。そのうち、飲んでみたというレポートが入るかもしれません。堀尾正明さんも気に入ってくれたようです。一から掘り起こした甲斐がありました。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ