残暑対策グッズを「完全なる主観」で選んでみました。

1401
未定 詳細なし

気象庁発表の季節予報によれば、お盆を過ぎても、全国的に残暑が厳しくなりそうだ。うんざりしてしまう季節を乗り越えるべく、暑さを忘れさせてくれるアイテムをリストアップした。すべて私の独断と偏見に満ちたものばかりなので、軽い気持ちで見てもらえればと思う。

 

1. 『山善 ミニスリムファン ラベンダー

すぐに首元を涼しくしたかったら、この卓上ファンをおすすめしたい。クーラーと併用して使えば、効率よく涼を得られるはずだ。風量は三段階の調節が可能で、動作音が気にならない設計はありがたい。ラベンダーの色味は見た目にも涼しい。デスクに置いておけば、仕事がしやすくなること間違いなし。価格は3,480円、Amazon.co.jpから手に入れられる。

 

gigamen_slim_mini_fan

 

2. 『Every Man Jack Body Wash

皮膚の奥からクールダウンできる、天然成分のボディウォッシュ。出かける前のシャワーでこれを使えば、暑さを打ち消すような爽快感を得ることができる。もちろんボディウォッシュ本来の機能として汚れも一掃し、その上で肌に潤いを与えることも。Every ManJackのオフィシャルサイト等から入手可能だ。価格は6ドル(送料含まず)。

 

gigamen_Every_Man_Jack_Body_Wash

 

3. 『Gila LES361 Heat Control Residential Window Film

自分の手で窓を夏使用に改造できるフィルムだ。これを張ることで日光をなるべく遮断し、クーラー使用に伴う電気代を節約できる。しかも紫外線のほとんどをカットしてくれるのだ。また残暑グッズでは珍しく、部屋の熱をキープしてくれるので、冬も使用できる。価格は35ドル、Amazon.comから入手可能だ。

 

gigamen_Window_Film

 

4. 『Melting Shelf Clock

こんな(壁掛け)時計は今まで見たことがないだろう。蒸し暑くなった部屋でこれを目にした時、「時計も溶けるくらいだから…」と諦めにも似た心持がするかもしれない。暑さをどうにかするものではないが、暑さを達観できるアイテムといえる。欧州で生み出された時計だが、もしかしたら日本で見かける日が来るかもしれない。

 

gigamen_Melting_Shelf_Clock

 

5. 『海のYeah!!

ガジェットでもなんでもない、サザンオールスターズの2枚組ベストアルバムだ。サザンといえば「海」だ。暑さに耐えられなくなったら、いっそのこと海に出かければいい。そこまでの“お供”として、珠玉の名曲揃いのアルバムを車内等で流せばいい。実際にサザンの曲は「ドライブで聴きたい曲」の特集があれば、必ずといっていいほど上位にランクインするのだから。

 

gigamen_Umino_yeah

この記事をシェア
0 0
記事のタグ