スペースシャトル計画は終了したがメモリーはレゴと共に

1111

宇宙への壮大な夢と希望が詰まっていたNASAのスペースシャトル計画の事実上の終了。人類が初めて月に降り立ってから、気づけばもうずいぶん時間が経っていたのだと改めて感じさせる。でも私たちの心の中のメモリーはこれからも続く。

レゴクリエイターが創造する永遠のスペースシャトル計画

レゴクリエイターがその思いの丈をぶつけたのが、こちらの作品だ。ノスタルジックな気持ちになるどころか、ちょっと前までのブルーな気分を完全に吹き飛ばすようなスペースシャトルの勇姿を見ることができる。

ケネディ・スペース・センター・ローンチ・コンプレックス39Aのローンチ・プラットフォームには今にも宇宙へむけて発射しそうなアトランティス。見ているだけでもただただ素晴らしいとしか言いようがない。そして、やっぱり切ない気持ちになってくる。

何よりもこのスペースシャトルがすごいのは、レゴブロックだとはわかっていても、本物としか見えないところである。つまりレゴのレゴ感がいい意味で消されているのである。これは物理的なことではなく、いうならばレゴクリエーターの愛なのかもしれない。

記事参照元 http://technabob.com/blog

この記事をシェア
0 0
記事のタグ