自動運転技術「スーパークルーズ」実用化目前

1183

最近何かと車による悲惨な事故が続き、心が痛む毎日である。一刻も早く導入してほしい自動運転技術。飛行機や電車は自動運転技術が実装されているが、自動車への導入はなかなか難しいようだ。そんな中、ゼネラルモータースは自動運転技術「スーパークルーズ(Super Cruise)」を発表した。スーパークルーズ(Super Cruise)が発動するのは高速道路で、車のバンパーにレーダー、超音波センサ、カメラ、GPSを取り付け道路曲線や車間距離を測定し自動運転すると言うもの。ただし導入されているからと言って、居眠り運転を容認するものではない。居眠り運転は絶対にしてはいけない。スーパークルーズ(Super Cruise)も場合によっては人間が操作しなければいけなくなるケースもあるとのことだ。

実用化にあと5年ほどかかると言われているが、一部技術はキャデラックの2013年モデル「キャデラックXTS」に搭載されている。

一刻も早く 「スーパークルーズ(Super Cruise)」のような自動運転技術の導入を望みたい。もう悲惨な事件は見たくない。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ