娘の部屋をマリオワールドに大改造!細部に至るコダワリが明らかに

1865

世界的に大人気のマリオシリーズ。その王道と言うべき「スーパーマリオ 3Dワールド」の発売が迫っていますが、リアルの3Dワールドが一足早く完成。米ウィスコンシン州在住のダスティン・カーペンターさん(38歳)は、娘のAJさん(13歳)の部屋を、彼女が大好きなマリオワールド風に大改造しました。

60時間以上費やして完成した部屋の壁は、三面を活用して横スクロール画面を再現。クリボー、パックンフラワー、テレサ(お化け)、ドッスン(石の化け物)といったキャラクターが描かれている他、小物を置けるブロックも設置しています。残りの一面はボスキャラクターのクッパとマリオが闘う、あのお馴染みのシーンが。

「一緒にゲームを遊ぶ娘の為に…」と張り切るカーペンターさんの工夫はまだまだ。部屋中に仕込まれた隠しボタンを押すと聞き覚えのある効果音が流れます。また、ベッドの上に目をやると、ゲームに登場する石の化け物のドッスンや無敵になれるスーパースターのクッションが置かれています。

マリオシリーズのファンにはたまらない部屋に仕上がりましたが、ひょっとしたらルイージマニアは悲しんでいるかもしれません。マリオの双子の弟にとって、2013年は生誕30周年のアニバーサリーイヤー。残念ながら部屋の中にルイージの姿は…。

 

gigamen_Super_Mario_Bedroom03

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ