【動画】結果はともあれ完成度の高いカスタムカー大集合。

1417
未定 詳細なし

米国トヨタは、ラスベガスで開催されたSEMAショーのトヨタブースにおいて、恒例の「トヨタ・ドリーム・ビルド・チャレンジ」を行った。これは、米国で活躍するアスリートがプロデュースしたカスタマイズカーのコンテストで、インターネット投票で人気の高い一台を選ぶというもの。結果は、文章から判断すると、情報が少なくいのですが、多分「タンドラ」ベースの「Lets Goモトツンドラ」が一位ではないかと。間違ったらゴメンナサイ。とりあえずカスタマイズされたトヨタ車を紹介しましょう。

 

1.Lets Goモトツンドラ

2014年型の「タンドラ」がベースのSUVは、ジョー・ギブス・レーシングとN-FAB社の協力により、スーパークロスのジョシュ・グランドとジャスティン・ブレイトンによって制作された。「レッツゴーモトツンドラ」は8フィートのピットボックスに、工具収納、予備部品、パワー洗濯機とヘルメットドライヤーで彼らの最高の状態でバイクとライダーをメンテナンスできる。レースが終わったバイクが収納された後、トラックは格納式のシェード、テレビ、冷蔵庫を完備し、圧延の屋外エンターテイメントセンターも兼ねており、それは長いレースの疲れを癒すのに最適な方法となるでしょう。

gigamen_Let's_Go_Moto_Tundra

 

2.Cam Rally

米国で一番人気のあるモータースポーツ「NASCAR」で活躍するパーカー・グリガーマン選手がプロデュースした「カムリ」。テーマはなぜかNASCARではなく、ラリー仕様。彼の所属チームである「カイル・ブッシュ・モータースポーツ」が制作協力した「カムリ」は、ロールゲージや強化ブレーキを架装しており、白をベースにしたトヨタのレーシングカラーのボディには、ラリー使用らしく4連のフォグランプなども装着されている。

gigamen_CamRally

 

3.Ultimate Dream SKI4ランナー

プロフリースキーヤーのサイモンデュモン、オークリーとハーベスト·スミスは、アウトドアに最適なツールである「4ランナー」をさらに良くするために、ユニークな統合されたLEDのキューブとフロントバンパー、ウルトラ·モータースポーツエクストリームレースホイール、BFグッドリッチタイヤ、高性能なサスペンションとビレットトレーリングアームと2インチのリフトキットと、スキー板はメディア·ステーションで制御を電子的にアクセスさラックアームを備え、カスタム、ロープロファイルルーフボックスに格納されます。テールゲートは、ブートグローブドライヤー付きのワークステーションとなっている。また、アフタースキーの楽しみのためのグリルと、キューリグ製のコーヒーメーカーをパック。JBLスピーカーとキッカーアンプのサウンドシステムは、エンターテイメントを提供しています。

gigamen_Ultimate_Dream_Ski_4Runner

 

4.クラッシャーカローラ

インパクトのあるネーミングの「クラッシャーカローラ」は、BMXのドリューBezanson、Skullcandyのモータースポーツ技術センターが設計しました。iPadのディスプレイと着脱可能な外部スピーカーのセットとカスタムステレオシステムが備わっています。また、ビデオクリップを見たり共有しWi-Fiホットスポットを内蔵しています。

gigamen_Corolla_Crusher

この記事をシェア
0 0
記事のタグ