車社会で生き残るために生まれたツール

1057

美人ドライバーの車が事故を起こして、深夜の道に停まっていたらどうする? もちろん近寄って様子を見るだろう。ドライバーシートの女性は気を失っているらしく、動かない。救急車を呼ぼうと思っていると、事故車のボンネットが火を噴いた。ガソリンに引火して大爆発になるかもしれない。中の女性を救出しようにも、ドアには鍵がかかっていて開かない。さあどうする?

こんな時に役立つのが「T3 Tactical Auto Rescue Tool (T3タクティカル オート レスキューツール)」だ。キミは落ち着いてこれを握り、取っ手の尻の飛び出た部分(鋼鉄製)を窓に打ちつけてガラスを割る。そこから手を入れて、ドアの内側からロックを解除。女性を引きずり出そうとするが、事故の衝撃で留め金が壊れたらしく、シートベルトが外れない。キミは余裕でT3 Tactical Auto Rescue Toolのシートベルトカッター(鉤のように見える部分)を使い、シートベルトを切断。助け出した彼女を、燃え盛る車から離して寝かせ、T3 Tactical Auto Rescue ToolのLEDライトで照らし、怪我の状態を確認する。

T3 Tactical Auto Rescue Toolと、人を救う勇気を持っていれば、これだけのことができる。もちろん、自分が運転していて事故ったときも役立つだろう。ちなみに、折りたたみ式ナイフも付いているが、自動車事故の救助には特に関係ないようだ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ