人生論を気楽に読もう あの人気番組のディレクター陣が書いた一冊

1156

今回紹介する一冊は、気楽に読める人生論・教訓を綴った本です。北海道発の人気旅番組『水曜どうでしょう』のディレクターである藤村忠寿さんと嬉野雅道さんの『人生に悩む人よ 藤やん・うれしーの続・悩むだけ損!』。ゲーム・アプリ・漫画・アニメ情報サイト『電撃オンライン』での連載を書籍化した第2弾です。

気楽に読める、と記したのは、回答者の藤村・嬉野の両名が「わりと楽しみながら」質問者の悩みに答えているからです。それぞれの悩みに対するアプローチはまったく異なりますが、大学で講義を受けているような堅苦しさは一切なく、居酒屋でタイプの異なるオジサンに話を聞いてもらっているような感覚。明快な回答ではなく、「こんな考え方もあるけど、どうでしょう?」という提案に重きを置いていると感じます。

人生に悩む人よ 藤やん・うれしーの続・悩むだけ損!の中に登場する悩みは20個。具体的な悩みはというと「カツラ着用をカミングアウトしたい」「こんな私でも親になってよいものでしょうか」「どうしてテレビのニュースは、たのしいことをすこししかやらないの?」など様々。誰でも一つくらいは「実は私も悩んでいて…」という悩みがあるかもしれません。

個人的な話で恐縮ですが、私は藤村さんの回答が好きです。「仕事のためのプライベート? プライベートのための仕事?」「どんなふうに老後を過ごしたい?」というサラリーマン向けの悩みに対し、「(仕事が)好きだろうが嫌いだろうが、自分の仕事に真摯に向き合えば、逆に仕事に振り回されるだけの人生では終わらない」「老後なんて考えずに、やりましょうよ、まだまだ」という言葉。サラリーマン歴に関わらず、胸に染みるのではないでしょうか。

第1弾の『悩むだけ損!』、第2弾の『続・悩むだけ損!』に続き、第3弾の『続々・悩むだけ損!』が2月14日に発売されます。興味のある方は是非お買い求めになってみてはいかがでしょう。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ