テントを車の上に積んで好きな場所でキャンプができます

2201

職場における昼休みの会話

上司「夏休みは旅行にでも行ったのかい」

部下「あちこちでキャンプをしていました」

上司「キャンプはいいね。でもあちこちってどういうこと?」

部下「僕の車には「Kukenam Rooftop Tent (クケナムルーフトップテント)」が付いていますから」

上司「キャンピングカーなの?」

部下「いいえ、それではご説明しましょう。僕の車の屋根にはKukenam Rooftop Tentが積んであります。移動時には二つ折りになっていて、キャンプ地を決めたら二つ折りのテントを広げます。はしごが付いていますが、これを引き下 ろす要領で広げます。それから、窓に当たるシートを広げてフックを掛けると、テントのできあがりです。とても簡単です。車の上に普通のテントが乗っている 状態になります。僕的には高床式住居って言ってます。大人二人でも十分使えます」

上司「そうか、だからあちこちに行けるんだね」

部下「はい。次の場所に移動するときは、折りたたんでカバーをかけます」

上司「ところで、ずっと一人だったわけ?」

部下「上司といえども、これ以上はプライバシーの干渉になります」

上司「分かったよ。彼女が一緒だったかどうかなんて聞かないよ」

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ