腰と背中に注目!超軽量型の弱点を見事に補ったバックパックが人気を得る

1693

YouTube集客をスタートするためのやり方をプレゼント中!!

66ドル(約7300円)~詳細ページ

軽さと便利さを兼ね備え、あらゆるシチュエーションで使えるバックパックを探している人はこのまま読み進めてください。米国発、容量22L・重量10オンス(約283g)の「The Ultima 22」の先行販売プロジェクトが今夏、米クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で成立しました。

容量を増やせるヒップパックはウエストポーチにも

「The Ultima 22」はハイキングやサイクリングなど屋外活動向けに設計されていますが、街中で背負っても違和感はありません。メインコンパートメントの表地もファスナーも完全防水なので、誤って川などに落としても、突然の雨に見舞われても、慌てなくて大丈夫です。アウトドア仕様であることを感じさせるのはショルダーハーネスに付いた、緊急時に役立つホイッスルの存在です。

「The Ultima 22」は便利な機能が盛り沢山ですが、中でも特徴的なのが、取り外し可能なヒップパックです。容量は3L、重量は2.5オンス(約71g)。バックパック上部に取り付けると、より多くの荷物を背負えます。取り外せばウエストポーチやボディバッグになります。バックパックを使うほどではないけれど、小物を持ち歩きたいという時(例えば散歩や買い物)に役立ちます。

心地良く背負えるバックパッドは座るクッションにも

従来の超軽量バックパックの弱点は背負い心地が良くないことですが、「The Ultima 22」の背面には空気で膨らむバックパッド(背中用サポーター)が入っています。ヒップパックと同様、取り外し可能で、岩などに座る時のクッションにも使えます。超軽量バックパックの他の弱点として丈夫さも挙げられますが、耐久性に優れたコーデュラ生地なので、その点も心配無用です。

付属のポーチに詰め込んだら、缶ジュースサイズまで小さくできるので、置き場に困らない「The Ultima 22」の先行販売プロジェクトは5.6万ドル(約617万円)も調達しました。給水用ハイドレーションパックに対応し、チェスト・ウェストベルトも備える超軽量バックパックが気になる人は7月下旬からプロジェクトは「Indiegogo」へ移行したのでチェックしてみてください。

IndiegogoのURLはindiegogo.com/projects/the-ultima-22-multi-use-packable-backpack#/です。

参照元:INDIEGOGO

この記事をシェア
0 0

YouTube集客をスタートするためのやり方をプレゼント中!!

記事のタグ