流行先取り!オシャレ番長のバッグはこれしかない!!

1429
~$18,700詳細ページ

「オシャレ番長」という言葉がある。元ネタは2008年に発売されたOrange Rangeのシングルのようだが、その前からあったような気もする。オシャレ番長は、学校や会社に必ず一人存在しているという。しかしオシャレ番長という言葉の響き、なんだか古臭い気がするのは私だけであろうか。

ともかくも、オシャレ番長とは褒め言葉であり、そんなオシャレ番長達が注目するバッグが、「Rib (リブ)」なのだ。Rib (リブ)は昔刑事ドラマに出てくる刑事がしていた、拳銃をしまっておくフォルダのような形をしたバッグ。財布、カード類、USBメモリなどをコンパクトに、刑事のように収納する事ができる。シャツの上から装着している姿は、刑事のようであると同時に、どこかスポーティである。そして、新しさを感じる。オシャレ番長は、常に時代の最先端を歩かねばならないわけであるから、新しさを感じるRib (リブ)は番長にピッタリなのだ。

アメリカでRib (リブ)を使用したら警察に狙撃されてしまうのではないかと言う気もしなくはないが、日本なら大丈夫であろう。「あんた刑事!?」と言われたら、適当な返事をしておけばいいのだ。新しすぎて周辺の友人達がついて来れないかもだって?それもオシャレ番長の宿命さ。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ