あのデロリアンが新車で買える!

1446
未定 詳細なし

米国で、「デロリアン」の中古車整備販売業を展開する デロリアン・モーターカンパニー が、なんと新車の「デロリアン DMC-12 」を限定生産すると発表しました。予定する生産台数は300台。価格は10万ドル前後になると見積もられます。

迷車?デロリアン

GM の元 副社長だったジョン・ザッカリー・デロリアンが、理想の車を目指して起業した自動車メーカー「デロリアン」。その唯一の販売モデル「DMC-12」はジウジアーロの未来的なデザインを採用し、ステンレス製の無塗装にするという斬新さを持ちながら、当時の道路事情を考慮したスポーツカーらしからぬ車高の高さも特徴的でした。

しかし「デロリアン」は、社長の不祥事などの問題であえなく倒産。「DMC-12 」の最終的な生産台数は9000台前後と言われています。 しかし、「DMC-12」 は映画”バック・トゥ・ザ・フューチャー”により世界中で人気が再燃。希少な価値を持つコレクターアイテムとなりました。

生産するのはデロリアン・モーター・カンパニー

米国では倒産後の「デロリアン」の設備一式を取得したスティーブン・ウィンが新たなデロリアン・モーター・カンパニーを設立し、「DMC-12 」の修理整備、すべての修理用パーツ生産を引き受けていて、今回の新規生産発表も、この「デロリアン・モーター・カンパニー」によるものです。

2017年には購入可能らしい

“新車”の「デロリアンDMC-12 」は、現行の法規制にしたがってエンジンは変更されるものの、オリジナルモデルと極力同じ仕上がりにする計画だとしています。予定では300台が生産され”バック・トゥ・ザ・フューチャーイヤー”である2015年には間に合いませんでしたが、2017年には販売を開始予定です。

参照元:car

この記事をシェア
0 0
記事のタグ