ネクタイは正しく美しく。まさに男子の戦闘服です。

2920
$125-$1065詳細ページ

サラリーマンと言えば、スーツ。このイメージは、間違っていないだろう。シルエットの良いスーツを着て、ネクタイでキュッと気持ちも引き締める。これから社会という戦地に赴きますといった感じだ。スーツ+ネクタイ+革靴は、まさに男の鎧なのだ。
ところが、そんな鎧にも、ここ数年のクールビズが一般化してきたためか、冬場でも首元の緩い人たちが多くなってきた。ワイシャツのボタンをひとつ緩めて、ふわりとジャケットを羽織っている。どこかスキを演出している感じ。男のヨユーとでも言うのか。

しかし、ネクタイは必要だ。相手の会社に行く時などにはもちろんのことで、来客であっても、よほど良好な関係ができていない限りは、やはりネクタイをする。いわゆる正装というやつだ。

gigamen_Title_of_Work01

ところで、ジャケットにネクタイをしたらフォーマルスタイルになるのかというと、じつはそうではないことをご存知だろうか。特にネクタイは、用途によって使い分けなければならない。仕事用でも同様だ。正しい長さ、幅、色は正しく選ぶ必要がある。

ニューヨークにある「タイトル・オブ・ワーク(Title of Work)のネクタイ」では、そんな仕事用にピッタリな1本が見つけることができる。全体的な色合いはダーク系で落ち着いた、あまり主張しない感じで、さりげないワンポイントがあしらってある。

こういう部分が、ネクタイにもきちんと気をつけている人という感じで、相手の受ける印象も良いだろう。ただのペランペランのネクタイにしないところがタイトル・オブ・ワークのネクタイのニクイところだ。

gigamen_Title_of_Work02

ビジネスにかぎらず、見た目というものは大切だ。相手と向かい合ったときに、きちっとしていること。これで相手を「おっ!」と思わせる。ビジネスを有利な展開にしたいなら、こういうネクタイで演出してみるというのは、いかがだろうか。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ