必要なのは時間と場所と優秀なメカニックとコルベットだけ!カナダ製のキットカー発表!!「誰が作るんだ・・・」

1450

カナダはケベック州のDubuc Super Light Cars (SLC社)が、軽量のキットカー「Tomahawk (トマホーク)」を公開した。モントリオール国際オートショーで公開予定だ。2人乗りの軽量ミッドシップカーで。ようするにDIYのスーパーカーだ。ご紹介するのはその映像だが、残念ながら実写や組み立て風景は出てこない。出てくるのは同車のイラストと、テンションの妙に高いオッサンだけだ。

映像だけではさっぱりわからないので、プレスリリースから抜粋すると、Tomahawkは、136kgのアルミニウム製モノコックと樹脂製ボディが接着剤とボルトなどで組み立てられた状態で配送される。ただし、サスペンションやパワーユニットは、シボレーのC4コルベットを流用するのだが、自分で調達する必要がある。

Tomahawkの組み立てには、熟練したメカニックなら250時間ほどの時間がかかり、不慣れだともっとかかるらしい。(素人には無理ということ)セット価格は日本円で約194万円。必要なC4コルベットのパーツや、タイヤなどをそろえると、総額で約300万円は必要らしい。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ