蘭LCCトランサヴィア、欧州・中東・アフリカ路線を充実へ 今冬

891

オランダの格安航空会社(LCC)、トランサヴィアは今年の冬スケジュール期間に初めて、アムステルダムとヨルダンのアンマン、アイスランドのレイキャビクを結ぶ直行便、ロッテルダムとモロッコのタンジェを結ぶ直行便を運航します。

冬はアイスランドでオーロラ、そして温泉を。

トランサヴィアは冬スケジュールが始まる1カ月前、10月1日からアムステルダム=アンマン線を週3往復で開設します。ヨルダンが誇る観光資源は死海(塩水湖)、古代ローマの遺跡、岩壁を削って造られた宝物殿などがあるペトラなど。

KLMオランダ航空の子会社は7月5日からアムステルダム=レイキャビク線を週3往復で開設し、11月1日から来年3月31日までの冬スケジュール期間も最大週3往復を運航します。アイスランドには魅惑的な大自然が存在し、冬はオーロラ鑑賞のベストシーズン。国のあちこちで湧き出ている温泉に浸かるのも大いにアリです。

オランダから欧州有数のスキーリゾート地へ。

モロッコ北部の港町タンジェもトランサヴィアの冬スケジュールの目的地に初めて加わります。ロッテルダムとタンジェを結ぶ直行便は夏スケジュールと同じ週2往復で運航されます。大西洋を挟んでスペインがすぐそこにあるタンジェはイスラム教、キリスト教、ユダヤ教の文化が混じり合ったユニークな街で、夏も冬も過ごしやすいことから、多くの観光客が訪れています。

トランサヴィアは今年の冬スケジュール期間、オランダのアムステルダム、アイントホーフェン、ロッテルダムから60以上の都市に乗り入れる予定です。乗り入れ都市にはウインタースポーツが盛んなオーストリアのインスブルック、フランスのグルノーブル、スイスのジュネーブも含まれます。まとまった休暇を取って、欧州有数のスキーリゾート地へ出かけるのも良さそうです。

参照元:Transavia

この記事をシェア
0 0
記事のタグ