UAE格安航空2社がアブダビ発着7路線を開設へ キルギス、イラク線も

2254

アラブ首長国連邦(UAE)の格安航空会社、ウィズエアー・アブダビとエア・アラビア・アブダビは今夏、アブダビ発着計7路線を新規開設・再開します。

アブダビからキルギスの首都までひとっ飛びが可能に

ウィズエアー・アブダビは6月1日からアブダビとキルギスの首都ビシュケクを結ぶ路線を週3往復で新規開設します。フライト時間は約4時間で、アブダビから乗り継ぎなしでビシュケクへ向かう選択肢は他にありません。片道運賃は199AED(約7200円)からです。

ウィズエアー・アブダビのアブダビ発着路線の拡充はビシュケク線の新規開設にとどまりません。6月2日からギリシャのサントリーニ島線を週2往復、7月3日からキプロスのラルナカ線を週3往復、8月1日からエジプトのソハーグ線を週3往復で再開します。

イラクのバグダッド、アルビール線を週2往復で開設へ

エア・アラビア・アブダビは6月22日からアブダビとイラクの首都バグダッドを結ぶ路線を週2往復、9月15日からアブダビとイラクのクルド人自治区の主都アルビールを結ぶ路線を週2往復で開設します。アブダビ=アルビール間に直行便を飛ばす航空会社は4月時点で存在せず。

エア・アラビア・アブダビは9月13日からアブダビとアゼルバイジャンの首都バクーを結ぶ路線を週3往復で再開します。両都市間を約3時間で結ぶ便はウィズエアー・アブダビも運航中。機材はエア・アラビア・アブダビがエアバスA320、ウィズエアー・アブダビがA321neoです。

<参考元>wizzair

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ