フォルクスワーゲン、新世代1.5Lエンジン「EA211 TSI evo」を発表!

3042
未定 詳細なし

フォルクスワーゲンは428日、「第37回 ウィーン国際エンジンシンポジウム」で、新世代のTSIエンジン「EA211 TSI evo」を発表しました。このTSIエンジンは2016年後半から市場に投入される予定となっています

新技術満載の「EA211 TSI evo」

 多くの革新技術を採用したこのエンジンは、量産ガソリンエンジンとしては初となる「VTG(可変タービンジオメトリー)ターボチャージャー」をはじめ、ミラーサイクル燃焼方式、12.51の高圧縮比、最大350バールの噴射圧を実現するコモンレール燃料噴射システムなどの技術を組み合わせて採用。従来型の1.4リッターTSIエンジンからの実用燃費の向上を図っている。

燃費だけじゃなく、パフォーマンスも向上!

 また、当初モデルとして1.5リッターの排気量で96kW仕様、110kW仕様の2種類を設定するEA211 TSI evoは燃費を高めるだけでなく、VTGターボチャージャーを組み合わせることにより、低回転域領域から過給圧を高めることを実現。大きなトルクを発生させるほか、俊敏なレスポンスも手に入れ結果、従来型の1.4リッターTSIとの比較では、アクセルを踏み込んでから最大トルクが得られるまでの時間を約35%短縮している。

 このほか、インタークーラーシステムでも改善を図り、エンジン全体をコンパクトなサイズに保ちつつインタークーラーのサイズと能力を高め、エンジンに送られる空気の温度を大気温+15ケルビンというレベルに下げているという。

記事参照元 http://www.superstreetonline.com

この記事をシェア
0 0
記事のタグ