捨てるの待った!知ったらもう捨てられない。卵の殻はこんなにスゴイ

2276
未定 詳細なし

人気料理の一つ卵料理!中がとろとろのオムレツから、半熟卵、シンプルな卵かけご飯まで毎日1個は食べてるという人もいるのでは?黄身好き、いや白身派と拘りを持つ人はいるけど、殻については、特に気にもせずそのままポイが殆どでは。

が、しかし!ちょっと待った。実は、卵の殻ってとっても使えるやつなのだ。多岐に渡るその意外な使い道!直ぐ実践したくなる殻パワーについて紹介しよう。

1.あなたのお庭守ります
ガーデニング好きなあなたを悩ます害虫やナメクジ、カタツムリ。対策には砕いた殻が効果的。殻のある所は避けてくれるそう。堆肥に混ぜれば肥料にもなるし、土中の虫退治にもお役立ち。

そういえば、子供の頃、おばあちゃんが、鉢植えにポコポコと殻を並べてたっけなー。あれ、飾りでやってたんじゃなかったんだ。実は、昔から使われていたのですね。

gigamen_Uses_For_Eggshells01

2.あなたのお肌をツルツルに
卵を使って手軽なフェイスパック。卵の殻を細かく潰して白身に混ぜます。顔全体にのせて乾いたら洗い流す。これだけ。肌の古い角質を除いてくれるので、パック後はみずみずしい肌に。

殻に含まれているカルシウムは肌細胞の再生に一役買うそうで、顔だけでなく年齢の出る手や指先のケアにも効果あり。そして殻についているあの薄い膜。あれを剥がして、肌にのせるだけでも良いそう。

料理ついでにスキンケアもできるなんて安価で嬉しい限り。ただし、アレルギー反応を起こす場合もあるので、まず、少量でのテストをおススメ。

3.あなたの食器もピカピカに
殻はケミカルフリーのクレンザー。料理で残った殻はよく砕いて乾かし容器に保存しておこう。スポンジにつけて食器やキッチンの気になる所を磨けば、油っぽい汚れがスキっと落ちる。

市販のクレンザーや研磨剤では手が荒れるとか、目が浸みるなんて方にも安心して使える優しい天然のクリーナー。コストも優しいのがダブルで嬉しいところ。

gigamen_Uses_For_Eggshells02

どうやら殻は砕いて取っておくと何かと便利な様子。その用途の広さにただ感心

4.あなたのキッチン詰まらせません
キッチンシンクの排水溝。油や食べ物のカスなんかが溜まっていつのまにか詰まってくること事ありますよね。水に流れが鈍くなってっきたな、という時は、排水口ネットに潰した殻を入れておこう。

細かい殻がパイプ内を通って 詰まりの原因となる汚れを少しずつ削り取って行くんです。但し、速攻で詰まり解消という事はできなさそうなので、卵を使う度に置いておくと良さそう。

5.あたなのコーヒー美味しくします
毎朝の楽しみのコーヒー。でも、なんかこの粉苦い、酸味が強い、と感じる時には殻の出番。コーヒーの粉に小さく砕いた卵の殻を混ぜてしまうんです。もちろん殻はよく洗って。

余計にまずくなるようなイメージがするけど、殻の成分であるアルカリ性炭酸カルシウムが酸味を中和して、スムーズでマイルドな味わいにしてくれるんです。その上、お腹にもやさしくなるというので、寝起きにも安心。

gigamen_Uses_For_Eggshells03

6.あなただけでなく鳥さんも丈夫にします
最近鳥を飼い始めた、餌付けしているなんて方は是非やってみよう。卵殻のカルシウムパウダー。卵数個分の殻を120度のオーブンで茶色くならない程度に熱します。電子レンジでもオーケー。完全に乾燥させましょう。

その後、冷ましたらパリパリと砕いて鳥のえさ箱へ撒いておきます。カルシウムたっぷりの殻は、まさに自然のサプリメント。特にメスが摂ると、産んだ卵が強く丈夫になります。大きめにくだいた殻を置いておけば巣造りに利用しますよ。

しかも。鳥だけでなく、愛犬のカルシウム補助にも使えます。殻をミキサーに掛けて細かいパウダー状にしたら、ご飯に混ぜてあげましょう。容器に入れて保存もききます。

どうです、殻パワー。実に色んな利用法があるんですね。しかも、どれも簡単。早速やってみよう!って気になります。あ、でもだからって、無理矢理いっぱい食べないでくださいね、卵。食べ過ぎはあまりよろしくなさそうです。

参照元:Prevention

この記事をシェア
0 0
記事のタグ