豪州の中心に行きやすくなる! VA、ブリスベン=アリス線を開設へ

1283

オーストラリア大陸のほぼ中心にある、大自然に出会える町へ向かうフライトが充実します。ヴァージン・オーストラリア(VA)は6月19日から東部沿岸の大都市ブリスベンと中部の町アリススプリングスを結ぶ直行便を開設し、週2往復(火・木)を運航します。

砂漠や爬虫類、更にアボリジニ・アートにも出会える。

VAはオーストラリア南部のアデレード、北部のダーウィン、東部のブリスベンからアリスに直行便を飛ばすことになります。アジア・北米の主要都市と結ばれているブリスベンから、豪州大陸のほぼ真ん中に位置する、外国人観光客からの人気が高い町まで約3時間で移動できます。

アリスは大自然とたくさんの野生生物に出会える町です。主な名所は砂漠公園、フィンケ渓谷国立公園、爬虫類センター、旧電信局などで、全行程200キロ以上のトレッキングコース「ララピンタ・トレイル」も高い人気を誇っています。アリスは先住民アボリジニが生み出したアボリジニ・アートの中心地でもあり、アートギャラリーがいくつもあります。

フライト時間は約3時間、運航を担当するのは・・・

VAはブリスベンとアリスを約3時間で結びます。実際に運航を担当するのはブリスベンに本拠を置くアライアンス航空で、機材もアライアンス航空のフォッカー100型機(100席)、フォッカー70型機(80席)を使用します。

参照元:virgin australia

この記事をシェア
0 0
記事のタグ