「ザ・ビートル・デューンコンセプト」市販化決定!中身はこれから・・・

3990
未定 詳細なし

フォルクスワーゲンザ・ビートル デューン コンセプト(Beetle Dune Concept) 」の市販化が決定した。

ザ・ビートル デューン コンセプトは「ザ・ビートル」をベースにSUVイメージに変化させた2014年の「デトロイト・ショー」で「Volkswagen Beetle Dune Concept(フォルクスワーゲン・ビートル デューン コンセプト 」として発表されたコンセプトカーだ。

gigamen_Volkswagen_Beetle_Dune

gigamen_Volkswagen_Beetle_Dune01

ビートルを無理やりSUVにしてみた

エクステリアにはアンダーガードや専用デザインのバンパー、19インチのホイールと大型タイヤを装備、ロードクリアランスは5センチ上げられて、SUV風な外観となっている。ボディーカラーは「アリゾナ」という明るいオレンジとされた。特別なものはなく、言われてみればSUV風に見えなくもない。

インテリアではオレンジのアクセントをしようしたダッシュボードやドアトリム、ステアリングホイールに、ダッシュボードのアシストグリップが雰囲気を盛り上げている。

「Rライン」と同じパワートレインは、直噴2.0L4気筒ガソリンターボ「TSI」。最高出力210ps、6速デュアルクラッチの「DSG」と電子制御ディファレンシャルロック「XDS」が装着されている。最高速度227km/h、0-100km/h加速7.5秒の俊足を持つ。

gigamen_Volkswagen_Beetle_Dune02

市販の時期は未定

市販化の際にはもっとトルクフルなエンジンが必要だろうし、4WDシステムなどの設定も明らかにされておらず、現状では前輪駆動のカッコだけのSUVかでしかない。ボディタイプについてクーペ以外にもはガブリオレも設定すると公表しているが、市販化にはまだ数年は必要なようだ。

 

動画を見る

 

参照元:Automobile

この記事をシェア
0 0
記事のタグ