肉食系タイガーカラー!世界限定3500台のビートル GSR

1052

黄色と黒、と言えば勇猛な虎を連想する。野球ファンなら、阪神タイガースかもしれない。プロレスファンなら天龍源一郎だろうか。あるいは慶應大学ラグビー部か。いずれにせよ、勇猛果敢なイメージがある。

その勇猛果敢な黄色と黒のタイガーカラーが、可愛いデザインで人気のフォルクスワーゲン・ビートルにも登場。「ビートルGSR(Beetle GSR)」として、シカゴモーターショーで公開された。この車種は1973年に製造・販売された「スーパービートル」こと「ビートル1303S」をモチーフに製造された車だ。

黄色と黒のカラーリングだけでも勇猛だが、ザ・ビートルはエンジンの方も勇猛だ。2リッター直列4気筒直噴ガソリンターボの「TSI」エンジンを搭載し、最高出力210ps、0-100km/hは7.3秒で到達、最高速度は229km/hまで達する。ビートルGSRはデザインだけでなく、走りの方も勇猛果敢なのだ。

可愛いデザインのビートルにラインナップされた勇猛果敢な「ビートルGSR」。世界限定3500台の限定生産となる予定だ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ