照明のモードを変えるとムードが変わる。

1006

照明器具のチョイスによって、部屋の印象は全然違って見える。リフォームがわりに、ライティングの種類や素材を変えることで、ずいぶんとリフレッシュできるというのは、意外と知られていない。

スイッチオンをした明るさこそ映える照明器具ゆえに、オフの野暮ったさや冷たい感じが気になったりする。「Warm and Woody Lighting(木製シェードライト)」は、そのオフのルックスにインテリア性をオンした。ペンダントとして天井から、スタンドからつるしてフロアライト、コンパクトにデスクライトに。日中の自然光がふりそそぐ部屋のイメージを無機質にすることなく、ごくごくさりげなく出番を待つWarm and Woody Lighting

やってくる夕闇。スイッチを入れると広がるのは、やさしさと温かさに満ちあふれた「光」。木のフレームを通して届けられる明るさが、こんなにも心地よいことに気がつく瞬間である。

夜は誰にでも平等にやってくる。Warm and Woody Lightingのスイッチを入れる。それが暗闇の中の一筋の希望となることもあるかもしれない。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ