間違えようがない!自分だけの充電ケーブル誕生

991

Appleから始まったともいえるスマフォ競争。Androidも多数登場してきているが、iPhone人気は未だに根強い。その人気の秘訣は周辺機器の種類の豊富さにあるのではないだろうか。ケースはもちろん、ケーブルの種類も多種多様だ。もはやファッションの一部になってるといっても過言ではない。

Whooz(フーズ)」もその一つだ。これまでと違うのは、付属のシートを充電ケーブルに貼り付けて自分好みにアレンジが可能だということ。それだけでなく、Apple製品を複数所持してる人にとっても各デバイスのケーブルを区別して使えるので大変便利である。

Whooz(フーズ)を持っていれば他のユーザーから一目置かれるだけでなく、旅行先でWho’s is this?(これ誰の?)と言う必要がなくなるだろう。Whooz(フーズ)とWho’s is thisとかけるところもいかにも海外らしい。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ