体力に自信があり?自転車牽引のキャンピングカー

4894

一口にキャンピングカーと言っても、トレーラー(牽引)タイプとモバイルホームがある。キャンプサイトが充実している欧米では非常に普及しており、初期投資はかかるものの気ままなホリデーが過ごせるのでファミリー層に人気がある。

gigamen_Wide_Path_Camper01

コスパ最高のキャンピングカー

キャンピングカーやトレーラーなどに関してハードルが高めの日本でも、これならいけそうだというのが「Wide Path Camper(軽量キャンピングカー)」だ。基本コンセプトは「自転車で牽引できるキャンピングカー」である。

本体だけで他に何も積載していない時で重さは40kgほど。コンパクトゆえに中は狭いと思いきや大人二人が眠れるスペースや収納なども確保してあるという。だが自転車用とは銘打っていても実際にキャンプ用品などを積載するとなると重量的にはかなり厳しい。

gigamen_Wide_Path_Camper02

しかも行程が平坦な道ばかりとは限らない。なのでできたら電動アシストの自転車やバイクなどで牽引した方が無難かもしれない。

究極の使用法としては・・・残業続きで帰れない場合、会社の敷地に停めておき、仮眠室として利用するというキャンピングカー本来のベクトルとは真逆な方向性がチラっと頭をよぎった。

参照元:Wide Path Camper

この記事をシェア
0 0
記事のタグ