機能性とクールさを両立させたブーツ、Timberland「Wodehouse Chukka」

963

この季節のカジュアルの足回りに欠かせないブーツ。メンズの場合はハイカットの、いわゆるチャッカブーツの人気が高い。見た目はもちろん、耐久性、保温性、履きやすさなど機能面の魅力も大きいからではないだろうか。

そして今、一押しなのがTimberlandの「Wodehouse Chukka (ウッドハウス チャッカ)」だ。ティンバーランドと言えば、アウトドアシューズだが、このWodehouse Chukka (ウッドハウス チャッカ)はそのヘビーデューティーさの中に光るプレーンさがポイント。ブーツは履くと重いという先入観をくつがえすライトウェイトレザー、手作業で仕上げたフルグレインレザーが醸し出すほどよく手入れされたビンテージ感など、細部にまで職人芸のこだわりが散りばめられている。「なう」なデザインにアーリーアメリカンの時代が香るのもそそられる。

履くほどに足にフィットするようになってくるのがブーツ。シーズンごとに手入れをし、ガンガン愛用して履きつぶしてほしい。これぞまさにブーツの醍醐味だ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ