食べて痩せようヨーグルト その効果の秘密とは

4047
未定 詳細なし

低カロリー低脂質、にも関わらず高品質なタンパク質を豊富に含むヨーグルトはダイエットの強い味方だ。しかし、このヨーグルトを効果的に活用するには食べ方にちょっとしたコツが要る。どうせ食べるなら最大限そのポテンシャルを引き出してあげようじゃないか。

ホットヨーグルトって食べたことある?

実はヨーグルトは温めて食べることにより、もっとダイエットに効果的な食品となる。冷蔵庫から取り出したばかりのヨーグルトは当然のことながら冷たい状態となっている。これをそのまま食べてしまうと内臓を冷やし、ダイエットの大敵である便秘解消効果も半減してしまうのだ。

また、カルシウムの吸収も悪化してしまう為、脂肪を蓄積するスイッチの一つである副甲状腺ホルモンを抑止する力も低下してしまう。

ホットヨーグルトの作り方はとっても簡単。カップから取り出したヨーグルトを皿にあけ、100グラムあたり30秒ほど電子レンジで過熱するだけだ。この時ラップをかけないことと、あまり一度に多く食べ過ぎても意味がない点には注意しよう。食べる量はせいぜい200グラムまでが適量である。

オリゴ糖でもう一工夫

体のことを考えると余計な甘味が加えられていないプレーン味がベスト。ただ、それだと酸っぱすぎて食べにくいという人もいるだろう。そういう場合は是非「オリゴ糖」をヨーグルトに加えてほしい。

オリゴ糖は人間が食べてもとても甘くておいしいのだが、実はヨーグルトに含まれている乳酸菌もこのオリゴ糖が大好物。オリゴ糖をヨーグルトと一緒に食べることにより、腸の中で乳酸菌を効率よく増やすことができるのだ。

ヨーグルトを選ぶ際には「ガセリ菌」や「ビフィズス菌」がメインに入っている商品を選ぼう。この二種類の乳酸菌は整腸作用だけでなく、コレステロール値を下げたり皮下脂肪の燃焼を促す効果を持っている。

昨今、プロテイン等を利用した置き換えダイエットも流行っているが、プロテインミルクだけではどうも物足りないという人は、是非このホットヨーグルトを一緒に食べてみてはいかがだろうか。

参照元:IT media Health Care

この記事をシェア
0 0
記事のタグ