これステッカー?何千ものドットで描かれ夜景が凄すぎる

1331

東京の夜景、煌びやなネオンをフィーチャリングしたアートと言えば、写真と絵。では、これは?まるで写真のようなこの夜景画。実は、文房具店で売られている丸いステッカーシールを貼り付けて作成したもの!丸ステッカーといえば、「小学校の時、縄跳びや読書数を比べるグラフに、ポチポチ貼ったあのシールね。」って思い出す人も多いかも。(いや、若い世代は、知らないかな?)

作者は、大村雪乃さん。新進気鋭のアーティストだ。「風景の中でも、夜景は一番美しいと思う。」と自身でも夜景はお気に入り。でも、美術大学在学中に「夜物は、アートとして退屈」と言う教授の言葉で、新たな表現法を探り、丸ステッカーに目をつけた。何しろ、どこでも手に入るし、安い!

真っ黒な背景に2-3週間で、東京近辺のお馴染みの夜景が浮き上がる。渋谷のネオン、レインボーブリッジ、横浜。東京ドームの灯りなんて、まさに点灯して輝いているし、街路樹のイルミネーションは、眩さがリアルすぎる。年末の会社帰りにウキウキしたあの頃を思い起こさせる!本当に丸ステッカーなの?

「退屈」とされる題材でも、表現法次第で、こんなに新しい感動を呼べるんですね。大村さんは、個展の他にもシールで絵描くワークショップの開催など、表現の楽しさを多くの人に伝えています。機会があれば、是非体験を!

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ