世界初!無重力ジェットコースターがやって来る

1640
未定 詳細なし

遊園地の華、ジェットコースター。日本初は1955年7月9日に開園した後楽園ゆうえんちのジェットコースターである。海外ではローラーコースターと呼ばれているが、後楽園ゆうえんちがジェット機にちなんで、「ジェットコースター」と名付けたのが始まりである。
高所恐怖症の人間にとっては全く存在すら理解できないものだが、絶叫マシン好きにとってはジェットコースターのない遊園地など理解できないと言う。ジェットコースターの性能が遊園地の集客を分けると言われている。

各遊園地やメーカーが他にはないジェットコースターを開発しようと躍起になっているが、現在の遊園地には絶対にない無重力状態を体験できるジェットコースター「無重力ジェットコースター」の開発をカルフォルニアのBRCが発表した。

無重力ジェットコースターは、NASAの無重力訓練機KC-135Aからヒントを得たという。時速200キロで127メートルの高さまで上昇、頂点から急降下する事で8秒の無重力体験を味わえるのだ。無重力状態を味わった事をある人は本当に一握りの人間。無重力体験を味わえると言う事になれば人気に火がつくことは間違いなさそう。

NASAをヒントにするとは、本当に壮大な計画だと思う。この計画が実現した時、既存のジェットコースターは意味を成さなくなる。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ