自家用ヘリコプターは人類の夢

2747

Zero Helicopter(ゼロ・ヘリコプター)」といいます。限りなくゼロに近いシンプルな造りのヘリコプターです。こんなヘリコプターが欲しいですね。憧れです。ヘリコプターの特徴は何といっても、垂直上昇や垂直下降、空中停止(ホバリング)ですよね。

Zero Helicopterだったら、自宅の庭に離着陸できそうです。願わくば自動車の普通免許があれば操縦できれば大変ありがたいです。

gigamen_Zero_Helicopter01

 

ヘリコプターの紀元をたどれば、紀元前の中国における竹トンボまで遡ることができます。そして、かの有名なレオナルド・ダ・ビンチもヘリコプターをスケッチしながら研究に没頭していたようです。あのダ・ビンチですら憧れたのですね。

さらに驚くべきことは、発明王エジソンもヘリコプターの研究をしていたのです。エジソンは実用化まで目指していたようですが、研究途中で爆発事故を起こしたことから途中で研究を断念したのです。

gigamen_Zero_Helicopter02

ヘリコプターの紀元は中国の竹トンボ

レオナルド・ダ・ビンチやエジソンが夢見たヘリコプターが現実化したのは、1937年ドイツのベルリンで開発されたFocke-Wulf Fw61です。その後、世界大戦の度に改良を重ねられて現在の形ができあがったというわけです。(以上Wikipediaから引用)

いわば、ヘリコプターは人類の夢そのものなのです。そして、Zero Helicopterは、その夢が現実化された究極の姿といえるでしょう。どらえもんの竹コプターにも匹敵するZero Helicopter。是非、現実のものとなってほしいものです。

 

記事元:GIGAMEN
参照元:Zero Helicopter

この記事をシェア
0 0
記事のタグ