数字のないウォッチがオシャレかも

1804

時計になぜ数字があるのか。原始時代は時計などあるわけもなく、太陽の位置や腹の減り具合で時間を察知していたらしい。いつの間にか、数字というものが現れ、時計に使用されるようになった。現代の世の中では、数字のない時計などありえない。砂時計くらいだと思うが、砂時計では正確な時間がわからないのである。

ZIIIRO Eclipse Watch」は見ての通り、数字のない時計なのである。何やら、どこかで見たことのあるデザインだ。そう、映画トロンやトロン・レガシーで登場したアレである。それはともかく、数字がないにも関わらずどのようにして時間を確認するかが問題だ。その方法は、丸い部分を通る針にある。針の位置で何時何分かを見分けるのである。

頭のなかでアナログ時計がイメージ出来ないとなかなか大変そうなZIIIRO Eclipse Watchだが、デザイン性は抜群だ。時計から数字をなくすと言う発想は、これまでになかった超斬新なものである。ちなみに「ECLIPSE」とは日食を意味している。日食をイメージしてデザインされたのだそうだ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ