怪奇なほどにおいしいビールを飲みほそう!

1412

ビール党のみなさま、いかがお過ごしでしょうか?「暑ければ暑いほど、格別な一杯が辛抱たまらん!」という季節がやってまいりました。休みの日なんざ、昼から一気にいっちゃいましょう。

この時期メーカーからはアイス、フローズンなど進化系、醸造所ではご当地限定など趣向を凝らしたビールが各種楽しめ嬉しい限り。…そんなビールファンに、まあ一本と推すのが米・インディアナ州の醸造所から届いた「Zombie Dust (ゾンビビール)」。出オチっぽい、夏のあるあるネタっぽいが、栓を抜いてグラスに注いでみよう。ちょっと濃いめなペールエールの色合いとフルーティな香りと良質な麦芽に五感を刺激される。苦味と香りのバランスも過不足ない。何もZombie Dust (ゾンビ・ビール)なんて名前にしなくてもと思うが、ゾンビ=ホップが生きている感をアピールするため「ちょい盛った」というところらしい。

全米100ビールにも選出されたZombie Dust (ゾンビビール)。ラベルは、醸造所と親交があるワシントンDC在住のタトゥーアーティストがデザインした。上質なホップでポップなビール、ほんと夏は暑ければ暑いほど最高だ!

この記事をシェア
0 0
記事のタグ