来たるべきゾンビとの対決に向け開発されたゾンビ・カー

1544

日本人には考えられない事ですが、アメリカ人は本気でソンビを恐れているそうです。アメリカ人はいつしか「バイオハザード」のような世界が訪れるのではないかと、戦々恐々としています。

そんな中、アメリカ人クリエイター「ロバート・カークマン」氏がヒュンダイをベースにゾンビ撲滅とアメリカのホラー漫画「ザ・ウォーキング・デッド」の100巻目発売を記念したコンセプト・カーソンビ・カー」を開発しアメリカで開催中のイベント「コミコン」で発表しました。

カークマン氏は「ゾンビ・カーならゾンビに襲われても生存できる」と豪語しています。ゾンビが襲ってきた場合を想定しフロントウインドに装甲板、フロントエンドにツノ、ホイールに串、ラリータイヤなどゾンビを倒す為の機能が至る所に実装されています。

果たしてゾンビは襲ってくるのでしょうか。備えあれば憂い無しと言いますが、とりあえずのソンビ対策にソンビ・カーは役に立ちそうです。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ